SDGsへの取り組み

SDGsとは

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、2015年の国連サミットにおいて全ての加盟国の合意により採択されました。 簡単に言うと「世界中にある環境問題・差別・貧困・人権問題といった課題を、世界のみんなで2030年までに解決していこう」という計画・目標のことです。

当社は「SDGs」に賛同します。

当社は昭和2年の創業以来、地域の人々の安全な暮らしを下支えする建設会社としての理念のもと、顧客や地域の皆様から信頼され、地域社会の発展に貢献できるよう社員一人一人がSDGsを理解し、持続可能な社会の実現に向けて企業価値を向上させていくことを目指します。

すべての人に健康と福祉を

  • すべての社員の健康を推進するために、健康診断を定期的に実施します。
  • 社員全員の心身の健康増進による、快適な職場づくりを目指します。
  • がん検診受診を推進します。

質の高い教育をみんなに

  • 社員に対し各種国家資格試験受験費用を会社で負担することにより、働きがいのある職場づくりとスキル向上に向けた職場環境を構築し、社員の成長支援と働き方改革を推し進めます。

ジェンダー平等を実現しよう
働きがいも経済成長も

  • 女性差別のない、職種と能力に見合った給与体系を確立します。
  • 人手不足が深刻化する中、高齢者の活躍できる環境を整備します。
  • 「ハッピーパートナー企業」に登録。男女ともに働きやすく仕事と家庭生活等が両立できるよう
    環境を整えます。

安全な水とトイレを世界中に

  • 建設現場において男女ともに快適に使用できる「快適トイレ」の設置に取り組んでいます。

エネルギーをみんなに
そしてクリーンに

  • 自然エネルギー・省エネ化の推進によりカーボンニュートラルを目指し、気候変動対策に
    貢献します。

産業と技術革新の
基盤をつくろう

  • 公共工事を通し、道路工事・河川改修工事・上下水道工事等様々なインフラ建設事業を通じて今後も社会へ貢献してまいります。
  • 高品質な土木工事を行うために、品質管理・法令順守・安全管理を徹底し、ICT(情報通信技術)技術の活用により、効率的で高品質な施工体制の確立及び魅力ある建設現場を目指しています。

住み続けられるまちづくりを
気候変動に具体的な対策を
パートナーシップで
目標を達成しよう

  • 「地域の守り手」として、災害発生時には被害状況の把握や緊急復旧工事に対応いたします。
  • 冬期間の道路除雪業務により、住民の車両や歩行者の安全を確保し住みやすい街づくりに
    貢献します。

つくる責任 つかう責任

  • 工事現場で発生した再利用可能資源のリサイクルを推進し、廃棄物の削減に努めます。

陸の豊かさを守ろう

  • ECHIGO棚田サポーターに登録、棚田の保全に協力します。